ほっこり日記

<   2008年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧




読書中

本日は本当は紅茶教室に予約していて、大好きなミルクティーを楽しみにしていたのですが
体調があまり良くなくてギリギリまで考えて泣く泣くキャンセルいたしました。
残念、という気持ちと、他の誰かが予約したかったかもしれなかったのに早めに判ってれば
早くキャンセルして誰かが変わりに楽しめたらよかったなぁ・・・と申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

* * *

私の読書ペースはそうとうゆっくりで、先月買った本をやっと後ろの方にたどり着きました。
今読んでるのは村上春樹の「羊をめぐる冒険(上)」。
今になって始めの「風の歌を聴け」から読めばよかったかなぁと思って、今の本の下巻を読み終えたら、最初に戻って読んでみようかと思いつつ、「スプートニクの恋人」も気になりつつあります。

「羊の話」をしているところを読んでいたのですが、羊は明治時代まで殆どの日本人は見たこともなければ、理解もできなかったということになる、というくだりがあって、私も今まで知らなかったです。十二支に入っているけど、竜や獏と同じ程度にイマジナティブな動物だった、と。
そうだったんだなぁ。ところで、この奇妙な男はなんなんだろ、と、この先が楽しみなところであります。友人の「鼠」も気になるし。
「僕」という主人公は今生きてたら、58歳になるのかな。
その「僕」が暮らしてた70年代~80年代だから、父と同じくらいの団塊世代の人が過ごした30代ということになるのかな。
読むスピードがもっと速くなれば、もっと早く先が楽しめると思うんだけど、早く読むと集中できず、全く違うことを考えている場合が多いのでどうしてもゆっくりになります。
あぁ、早くなりたい。
そして、もっとたくさん本を読みこなしたいなぁ。
d0112504_210687.jpg






【「羊をめぐる冒険(上)」村上春樹】
[PR]



by nossotom | 2008-01-31 21:33 |

皮算用

まださっきちょこっとしか読んでないけど「リンカラン」をパラリと見ました。
雑誌は始めから終わりまでサーっと見てから、読みたい記事を選んで読んでいきます。
今回の始めに読みたいなと思った記事は「人を好きになり自分を知る 自由を育む学び」という記事でした。
ある学校の記事でした。この学校、友人が通っていた学校。
その昔、ハナレグミも通ってた学校とのことです。
私もこんな学校へ通ってみたかったなぁ、と昔から思っていました。
簡単に「自由」って言われても、そんな中での大変さもあると思うのだけど、
ホント、通ってみたかったなぁと思います。

私の通った中高はこの真逆というか、箱入りっていうか、お嬢様たちばかりではないにしても
世間知らずなまま育ってしまった感じがありました。
決して悪いとこばかりではなかったけど。
だから、自分に子供が出来たら、教育っていうか、どんな学校を一緒に選んだらいいんだろう、と今から「採らぬ狸の皮算用」を心の中でよくやってます。
もちろん、リンカランに載ってたこの学校も私の中に入ってます。
今から、自分の子供にどんな学校へ通わせたいか、なんて考えていること自体が、もうアウトな感じもしますが・・・。
結局自分の親と同じ様にお受験ママとかになってしまったりするのでしょうか。
恐ろしいなぁ、と、どんどん考えるとこういう考えに至ってしまい、中学受験はやらせないようにしよう、と思ってみたり・・・。でも、うちは家族みんな中学受験してたしなぁ、逆にしないことが想像できないしなぁとか。しょうもないですね。
さて、どうなるんだか。
まぁ、同じことは繰り返すっていうし。

ある人から聞いたところによると、最近の進学塾では「新2年生」いわいる小学1年生の終わりから進学塾へ通うらしいです。これにはたまげました。
私は新4年生から塾へ入ったくちで、それでも早いほうだと思ってましたが、「新2年生」って。
きっと少子化だし、経営する側から考えたらこうなっても不思議ではないけど、びっくり。
しかも親が昔、その塾に入っていたら親子割りみたいなのがあるようです。
これまたびっくり。まるでケータイのサービスのような感じ。

と、話は反れてしまったけど、元に戻すと「人を好きになり自分を知る」っていうことは今からでも遅くはないはずなので、日々コツコツ過ごしていきたいです。
さて、雑誌の続きでも読むことにします。

* * *

d0112504_20515497.jpg






【「リンカランvol.30」 大切なのは伝えること】
[PR]



by nossotom | 2008-01-30 21:35 |

迷子

LOMOで撮った写真でブログに載せても大丈夫そうなものを数十枚チョイスして、
CDRに焼いてもらおうと、「カメラのキタムラ」へ行きました。
自分の家のプリンターをどうにかすれば、きっとパソコンに取り込めるのだと思いますが
よくわからないから写真屋さんへお頼み申しました。
なんとネガは昔ポイポイと捨ててしまったようで、写真のみしか手元に残ってないのでありました。でも「キタムラ」なら写真からでもやってくれるとのこと。
新宿西口へお店を探しに行きましたが、地図が読めない女なので、全く違う方向へ行ってました。まぁ、時間も急いでなかったし、散歩です。
親から話には聞いていたけど、西口に新しい建物が建設中で、それを眺めてきました。
形が面白かったです。流線型の建物を作るのって大変だと聞いてます。
維持するのも大変なようだし、お金もかかりそうな気がします。
お店は無事に見つかり、写真を預けてきました。2週間後くらいに出来るようです。
写真、選んでみたものの、人にお見せするようないい写真は1枚もなかった気がしますが、
どれも懐かしいものばかり。出来上がったら、当分、「思い出振り返り日記」になりそうです。
昨日選んでいて、さすがに友人が載っているような写真は掲載できないから選ばなかったけど、でも、皆が写ってる写真の方が、いい感じがしました。懐かしい。

その後、タカシマヤへ行き、AYURAで切れた化粧品を購入。
今日は使い終わったボトルもお店へリサイクルで返却しました。
化粧品が切れる時ってなんだかいっきに色々なくなるので何かと大変。
今日は3つも切れたので、それだけ必要だったのです。
他の商品も色々説明してくれるけど、お金がないから、決まったものだけ購入。
ホントはもう1つ欲しいのがあったけど・・・。また買える時にしようっと。
ついでにCOACHへ行ってみて、こないだ購入した物が日本ではいかほどなのか、チェックしてみました。うふふ、ドルで買うとやはり安いんだな、と庶民的な考えで、得した気分で店をでました。
d0112504_20112181.jpg
帰る前に、疲れて一休み。
疲れると生クリームってお腹にきちゃうようで、家路に着いたらお腹を壊しました。
でも、紅茶はやはり落ち着きますね。
店内にPort of Notesの曲が流れてて、お、珍しいな、と思いました。
[PR]



by nossotom | 2008-01-29 20:41 | 散歩

青空

d0112504_2183925.jpg


生理前というのは、ものすごく眠くなったり、はたまたイライラしてしまったり、と忙しいのですが期間に入れば、そのイライラはパッと晴れるので不思議です。
今日もそうです。金曜までは結構イライラ感にあふれておりましたが、それは一体なんだった
のかと思うくらい晴れています。(腰痛はひどいけど)
でも、今日は出かける気分でもなく、TVを観ながら湯たんぽでお腹や腰を温めて昼寝です。

* * *

写真は旅行で撮った空です。違う場所で飛行機雲を2回観ました。
昔、飛行機雲を数えるといいことがある、みたいなのが子供の間で流行ってた気がします。
たしか、ヘリコプターは数えちゃダメ、みたいな感じで。

これからたまに写真載せてみます。
上手くないけど、観てみてください。
昔撮ったLOMOも写真からどうにかCDRに焼いてもらいたいので、それが出来たら載せてみようと考えてます。
[PR]



by nossotom | 2008-01-26 21:19 | 写真

デザート

d0112504_20483312.jpgd0112504_20483356.jpg

3時のおやつ。
千疋屋のオレンジゼリー。
美味しいです。
右側は食べ終わった後です。
[PR]



by nossotom | 2008-01-26 20:48 | たべもの

5日目

5日目はサンフランシスコ空港へ行くのみです。
ホテルならば、出てすぐにタクシーがありますが、アパートの近くではすぐには
拾えないだろうということを先に見越して、始めの日に乗り合いタクシーを妹にネットで
予約してもらいました。
この乗り合いタクシーは合計で6名くらい乗れて、各地でピックアップしてくれます。
一人目が16ドルくらいで2人目からは6ドルくらいだそうです。
というわけで二人で25ドルくらい。
しかもチップも最初から入っているので、当日タクシーでは払わなくてもOKなのです。
これは便利です。多分タクシーよりは安くつくと思います。
遅起きの妹に早く起きてもらい7時半にはアパートの前にタクシーが来てました。
また、しばらく離ればなれです。

タクシーのおじさんと会話にならない会話をし、でも朝日に包まれた市内を案内してくれて
あのレインボーフラッグの立ち並ぶ風景も説明してくれて、楽しかったです。
他の乗り合いの人たちは寝坊だかなんだかで時間通りに所定の場所にいなかったけど
寝ぼけた人たちが途中から一緒になりました。
その人たちはドメスティックだから先に降りていって、私達は国際線の場所まで送ってくれ
その時もお喋りをして、無事に到着。

* * *

d0112504_20443936.jpg朝の景色も綺麗で、タクシーのおじさんに感嘆の声を出すと「さぁ、今がベストショットだよ、写真を撮るなら今だよ!早く!早くー!」みたいなことを言われたんですが、カメラが鞄の奥にもぐりこんでいてやっとこさ撮れたのがこの写真・・・。
本当はもっともっときれいな景色なのです。坂の下に見える景色だったんだけど・・・。ベストショットは通り過ぎました。
d0112504_2044476.jpg



同じくこちらもベストショットに乗り遅れまくった場所での1枚です。



* * *

空港へは早く着いて、無事に中に入れて、隣に住む叔父へのお土産と、あと、父への
お土産を選びました。ついでに、また、自分にも小物を1つチョイスしました。
私が買った物はセール品で、安くなってて、でもまぁTAXがついてしまったけど
(今思うとあの店はDUTY FREEじゃなかったみたいです)、小銭を妹に全部あげちゃって
端数の3セントがなくて、母親を呼んでたら、お店の人が「OK,Don't care!」と
3セントまけてくれました。ちょっと嬉しい。紙幣をだしたら、また小銭が増えちゃうし、
ホント助かりました・・・。
飛行機に乗ると、行きの飛行機に隣に座ってた日本人がまた一緒でした。
たぶんビジネスマン。向こうも私達をみて「おや?」と思っていた様子。
ANAだったんですが、なぜか飛行機の映画に「私をスキーに連れてって」をやっていて
初めて観てみました。竹中直人さん、ちょい役で、今よりおじさんでした。
なんだかんだで無事帰国。東京の方が寒かったです。

* * *
d0112504_20445495.jpg

妹の部屋のソファーに転がっていたくまのぬいぐるみ。
また、懲りずに遊びにいこうと思ってます。

以上、5日間のレポート終わりです!
[PR]



by nossotom | 2008-01-24 21:12 | 旅行

4日目

4日目も昼からお出かけでダウンタウンへ。
去年来た時も食べに行ったお店がまた行きたくてこの日のランチはここです。
Samover tea loungeです。ここもオススメの場所です。色々なお茶が置いてあり、
食べ物もオーガニックを考えているようで、たぶん日本人にも食べやすいヘルシーな
感じですよ。私はジンジャー入りのワッフルとジャスミンティーを頼みました。
ジンジャーが小さく入っていてもワッフルは美味しくなるもんだなぁと思いました。
添えてあるのはオレンジじゃなくてミカンのカットだったと思います。
前回は去年の5月に来ましたが、メニューも少し変わったりして、楽しめます。
d0112504_215369.jpg


d0112504_2152178.jpgd0112504_215315.jpg


近くのMOSCONE CENTERでは、「Macworld」が開催されてて、いかにもって人が
集まってました。万国共通なんだなぁ、雰囲気って。
この日も晴天!!前の週は雨ばかりで今も雨が降ったりしてるそうなんで、私達は
ラッキーだったなぁと思いました。

d0112504_2154026.jpgさて、いよいよSFMoMaへ行きました!
先ほどのカフェからも近いところです。
今回はOlafur Eliassonの作品が5階で行なわれていました。
1階入り口の中へ入ると空調の扇風機が中を舞っていて面白かったです。
平日だし、程よい人混みです。
他の階では写真の展示が見れました。

d0112504_2154953.jpg

外の旗です。
Olafur Eliassonが2月くらいにこの美術館に来る、というようなことをパンフに書いてあったような気がします。
彼の作品、興味深かったです。
結構好きです。
それにこの美術館の建物と、作品の配置も楽しませてくれました。


Olafur Eliassonの作品は実はちょっとした思い出があります。
2年前に当時の恋人と原美術館に観にいきました。
なんとなく、当時を思い出すと切なくなったりするのかなぁとか思ったけど、いざもう一度
見れて「また会えた!」と作品に対しても当時の変なセンチメンタルな気持ちも今はもう
なくなり爽やかに会えたような気がしました。
それに、空間が広いから、東京でも見た、「beauty」という作品(霧が上から降っている
ところに光があたっていて角度によって虹が見える作品です)は再び見れて嬉しかったです。
人もまばらな空間で独り占めできた感じというか。満足です。
(東京は人が込み合ってせっかくの霧も湿っぽかったからなぁ)
他にもたくさんの作品があるのを知りました。ゆっくり鑑賞できたのは最高です。
この日、美術館に到着するまで一番乗り気でなかった妹が一番楽しそうにしておりました・・・。
そういったことで、また、新たな思い出になりました。

そうそう、作品とは関係ないですが、建物の一部で窓から外を眺める小さな空間があって
妹が階段を上って、下をみて「怖いよー!!」といったら、他のお客さんが「コワイデスカ?」
と日本語で話しかけてきてくれたのが面白かったです。
d0112504_215581.jpg

ミュージアムショップも楽しかったです。
これは妹が意外と乗り気になって、衝動買いした本です。
作品についてとかのことが書いてあるんだと思います。
37ドルくらしたような気がする・・・。


d0112504_216764.jpgこれもミュージアムショップで購入した「豚段」という薄いダンボールのキットを組み立てて豚にするものです。この日のお礼に妹へプレゼントしました。この「豚段」、made in Japanなのです。
ミュージアムショップは本当楽しいです。私はピアスを買いました。オークランドのアーティストが作ったピアスだそうです。海を渡って、今、私の耳にぶら下がってます。


この日の夕飯は妹の部屋の近くのコリアン料理でJ君と4人で食事しました。
彼が来ると、場が和みます。
料理もお店の人もいい感じでした。
チゲスープを頼みましたが、辛さが選べまして、一番辛くないホワイトを選んだら
本当に白かったんで驚きましたが、美味しかったです。
そして、旅の最後の夜です。あっと言う間だったなぁ。
[PR]



by nossotom | 2008-01-23 21:50 | 旅行

3日目

さて、こんばんわ、今夜は3日目のレポートです。
仕事やら現実に戻ると、ちょっとどんどん忘れてきちゃったんですが・・・。

この日はMOMA美術館に行く予定が調べてみたら、水曜は定休日・・・!
あらら、ということで、いけませんでしたがダウンタウンへ買い物へ。
妹は相変わらず、スローペースで(喋るのとかは早口なんだけど)、ゆっくりめの起床。
私と母は7時に起床。またニュースを観てました。

買い物へはMUNIという路面バスと地下鉄が繋がったようなものに乗って移動しました。
妹は免許はもってるもののLAに住んでいた時は運転していたようですが、うちの一家は
なにせ運転が苦手な家系らしく、SFに引っ越してから売り払ってしまったようです。
でもMUNIに乗れば、結構どこへでも出かけられます。
恥ずかしくて写真を撮らなかったのですが、3両編成くらいのバスのような電車のような
乗り物です。安いのでオススメです。

そういえば、バスの中で新聞読んでる人のをチラミしたら、新聞記事に小山田君の写真が載ってました!!
記事には「コーネリアスがなんたらかんたら」と英語(当たり前だけど)で書いてあって
チラミしてもガンミしても中身の内容がわからなかったけど、あちらでも活躍してる感じが
しました!

20~30分でダウンタウンに到着です。
買い物は、私はCOACHとティファニーでちょこっと買いました。
COACHはやはり日本よりもお手ごろ価格な感じがします。
普段、ブランド物は身に着けてないけど、地味な感じのならいいかなって思って買いました。
ティファニーもブランド名がわかるようなのは恥ずかしいから判らないようなリンゴの形をした
チャームを1つ買いました。店内ではこの土地柄、男性のペアカップルがペアリングを選んでいました。幸せそうでした。

* * *

d0112504_20554564.jpg



これは妹の家の近くのバス停です。
この日も青空に恵まれました。
若干、坂道になってるのがわかりますか?
ずっと向こう側は海の方になります。


d0112504_20555893.jpgこれはチケットです。MUNIは1ドル50セントで乗れるみたいです。
左側のはバス停からバスに乗るときに買ったチケットです。よく見ると数字が書いてあって、そこで切れてるんですが、その時間までなら、また使っていいらしいです。右側のは駅で買ったチケットです。地下の駅では25セントの小銭に両替してから改札みたいなところへその小銭6枚を入れるとこのようなチケットが出てきます。こっちには時刻が刻んであってその時間内ならまたこのチケットを使っていいらしいです。お得。

d0112504_2056654.jpgこちらはきっと「フルハウス」でも見たことがあると思いますが、ダウンタウンにある路面バスです。私はまだ乗ったことがないです。
でも、サンフランシスコと言えば、イメージするのはこの乗り物ですよね!
実際は観光客が並んで順番を待って、チケットを買って乗っているようで、生活では使わないような感じですが、一度は乗ってみたいです。

* * *

この日は帰りはタクシーで帰りました。
タクシーの運転手さんは病院で何かの仕事をしながら、週2回はタクシードライバーを
やってるとのことでした。突然、「サクラー、サクラー、ヤヨイノツキハ~」と歌ってくれました。
東京はexpensive cityだけど、豊田市に行くことがある、と言ってました。
「スシ スキデース!!」と日本語を披露してくれたのはいいのですが、ストリートを1本
向こうに通り過ぎました。愉快な人でしたが、きっとこの土地には難民VISA(本当の名前を
わすれましたが)か何かで来たようなことを言ってたから苦労されてるんじゃないかなぁと
思いました。
妹も今、VISAの件で悩んでます・・・。グリーンカードが取れるといいなぁ。

夜はやはりJ君が登場し、母と私にキーホルダーのかわいいプレゼントをくれました。

* * *

今日は久々に妹からメールが来て、読んでみると、「お姉ちゃんがいつも“えぇ~!!”と
言って驚くから、Jも“えぇ~!!”と言うようになったよ。」とのことでした。
変な日本語は覚えないで欲しいです・・・><
あと、実は2日目あたりに喧嘩したのですが、「ごめんね」とメールで言ってきました。
そして、「また遊びにきてね」と。

長くなって、まとまりませんが、続きはまた明日。
[PR]



by nossotom | 2008-01-22 21:50 | 旅行

2日目

さて、2日目です。
時差ぼけで夜中は寝れず、早朝に起きましたが、妹は寝ており、私はTVを観てました。
アメリカは選挙のニュースをしていて丁度カリフォルニア州に候補者がやってくる時期でした。
オークランド(ちょっと隣町)にオバマ氏が来るとの事でした。

この日は近所のGolden gate parkへ散策です。
地図で確認してもわかるのですが、とっても大きな公園です。公園というか、森です。
今回はそんな大きな公園のほんの一部、妹のアパートの近く付近を散策し、まずは「Japanese Tea Garden」に訪ねてみました。
曜日によってはfreeで入れるのですが、この日はpayする日でした。
近所に住んでる妹は実はこの日初めてこのjapanese tea gardenに入ったそうです。
d0112504_19503326.jpg

日本人が日本からの移住して100周年か何かを記念して作られたそうです。
五重の塔などが建っていました。
後、小さい大仏様とかも居ましたよ。
d0112504_19504279.jpg

これ、きっと太鼓橋だとおもうんですが、とっても湾曲してますね。
着物だったら、この橋は渡れないよぉと思いました。
d0112504_19505294.jpg

これは1セントを入れて、ガチャンと押すとコインが潰れて模様が形になるものです。
よーく観ると上の看板に日本語で「貴方だけのおみやげをお作りになられませんか」と書いてあります。そして、作りました。
妹が言うにはこの写真の「Japanese tea garden」と書かれている文字の形は日本の物を表すときのレタリックがこういう風のが多いとのことです。確かに他の場所でもこの文字多かったです。日本って文字に表すとこういう風なイメージのなんでしょうか?
あ、右側にちょっとだけ母の姿が!

d0112504_1951171.jpg

日本庭園を後にして、違うgardenに行きました。色んな国の植物が植えてある公園でした。
そこにはリスがたくさん居ました!!
本当に広いので自分達がどこを歩いているのかわからなくなりました。

d0112504_19511065.jpg
森林浴でした。歩いていて空気が清々しく、近くには大きな通りがあるのに公園に入ると静かな空間。
木や葉っぱの香りがしました。
ヒノキの様な香りもしました。
サンフランシスコには色々な観光地がありますが、こういった公園に足を運ぶのもオススメです。

* * *

夜は仕事が終わったJ君がアパートにやってきました。
初めての対面です。ドキドキしましたが、覚えたての日本語で「コニチワ、ハジメマシテ!」
と言われ、こちらも英語で「Nice to me to!」です。
緊張もほぐれます。彼の覚えてる日本語は妹の口癖「すごい!」とかです。
その後はもちろん、妹の通訳を頼りに会話です。
J君の日本語レベルと私の英語のレベルが似たり寄ったりなので楽しかったです。
彼は大学で哲学とか宗教とかを学んでいたようなので、日本の仏教について興味がある様でした。妹より1つ下だと思うけど、しっかりしてるし、写真で観ていたよりもいい感じの方でした。一安心。
彼はノースカロライナ州出身で、自分のしゃべってる英語に訛りがあることが私達にわかるか
どうか聴いてきましたが、私には全くわかりませんでした。(イギリス人とかオーストラリアやニュージーランドの人々の訛りなら私にでも若干わかるんですけどね)
妹の英語は早口なのですが、それは日本語でも一緒なので、性格なんじゃないかなって
思いました。
会話は弾みましたが、時間が遅くなってきたのでJ君は帰っていきました。

英語、聞く分にはなんとなく、理解できることがあるんですが、やはり自分から何か伝えるの
はとっても難しいです・・・。でも楽しかったなぁ。

続きはまた明日。
[PR]



by nossotom | 2008-01-21 20:34 | 旅行

1日目

成田を14日の夕方に出発し、9時間のフライトでサンフランシスコへは現地時間14日の
朝9時半ごろに到着です。時差でまた14日を過ごし直すといった感じです。
イミグレも無事に終わり(いつもドキドキします)、SF空港からはタクシーで妹のアパートへ。
午前10時半くらいには妹の部屋へ着きました。ホッとしたとたん風邪のせいか、体調が
優れず、しかも時差ぼけがいつもより辛く感じて、温かい飲み物を飲んでベッドで横に
なりました。この日の夕方は妹の恋人J君に会う予定もキャンセルし家で過ごしました。
写真を撮ったり、ホームカメラをまわして部屋を撮ってました。
妹は私とは性格がまったく違い、我が強いし、激しいし、時にヒステリックで怖いのですが、
部屋にはカワイイぬいぐるみがたくさんありました。きっと寂しがり屋なんでしょうね。
白い壁のベッドルームのベッドの布団などは赤で統一されてて、椅子とかも赤だし、
なんだか妹らしくて、いつも戦ってる感じの雰囲気でした。
d0112504_19295941.jpg


テレビの上にはたくさんの飾りがありました。
これは鳥かな?
d0112504_1930116.jpg


シンプソンズの犬のぬいぐるみとピンク色の犬がたくさん置いてありました。
そういえば、妹は戌年です。
d0112504_19302342.jpg


テレビのアンテナにセサミストリートのカーミットが突き刺さっていました。
向こう側はレンジと冷蔵庫で、一人暮らしの割りにでかい冷蔵庫でした。
色々なキャラクターが貼り付けてありました。
d0112504_19303383.jpg


赤いベッドの上にもたくさんのぬいぐるみが!
ひよこのは日本で買ったもので、確か妹がニュージーランドに居た頃からの連れ合いです。ぶた君もそう。妹はぶたが好きらしいです。
d0112504_19304213.jpg


本棚にもなんだかたくさんぬいぐるみが。
NHKのどーもくんやら、最近妹が好きだという「スポンジボブ」がありました。
よく観ると日本のものが多いです。
d0112504_19305121.jpg



これもベッドルームに置いてあった置物。
赤いです。赤いポヨポヨしたものが浮かんだり沈んだりしていて綺麗でした。
友人からのプレゼントだそうです。


後はたくさんの写真が飾ってありました。
それは私も写っているのでブログには載せませんが・・・。
リビングのソファーはアパートに捨てられていたのを拾ったらしく、でもいい感じのソファーで、
しかも一人用のソファーもアパートで捨てられてたのを拾ったらしいです。
上手く生活しておりました。一安心。
[PR]



by nossotom | 2008-01-20 19:55 | 旅行

ちょっとした、日々のこと。
by nossotom
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

検索

ブログジャンル

画像一覧