ほっこり日記

カテゴリ:映画( 26 )




気になってます

雑誌の立ち読みで発見した映画。
プール」が気になります。
音楽がハンバードハンバードっていうのも気になります。

映画予告で気になった作品は、
eatrip」です。

いくら、気分が忙しくなっても観にいくぞー。
そういう時間がとっても自分に大事みたい。
[PR]



by nossotom | 2009-05-22 19:39 | 映画

ホノカアボーイ

今日は1日、「映画の日」で1000円。
ずっと観ようと思っていた、「ホノカアボーイ」を恵比寿ガーデンシネマに
観にいきました。
とてもいい感じでした。
音楽も、料理も、物語も。
レオの感じとかも、なんていうか、もう自分の過ぎ去った年代の感じを
観てて、懐かしい気分になりました。
部屋にビーさんの料理をポラロイドで撮った写真が増えていくが
良かったです。あのレインボーTシャツを着たおじいさんの存在も。
料理、高山なおみさんがビーさんになって作っている感じも伝わって
きました。エンドロールのポラロイドの料理の写真にもあったけど、
スパムで作るおにぎりは、私もカナダの日系の女性に教えてもらったり、
ランチに持って行かせてもらった思い出があって、個人的に好きです。

ハワイハワイと来てみたけれど
お里恋しや 月の虹
ハワイハワイと来てみたけれど
あなた恋しや 月の虹

って途中で流れる歌の歌詞、ステキです。

* * *

話は違うけど、いつも映画を観る前にいつも怖い気持ちになるのが
「No More 映画泥棒」のCMです。
あの音と、パントマイムのあの動きが怖いです。
でも、映画の本編に入ると、すっかり忘れちゃうんですけどね。
[PR]



by nossotom | 2009-05-01 20:02 | 映画

トウキョウソナタ

朝、毛布から出られない気温になってきた感じします。
毛布の中が妙に心地いい。
そんなわけで今日は堂々と二度寝して、午後は歯医者でした。

* * *

水曜なのでそのまま恵比寿ガーデンシネマで映画「トウキョウソナタ」を
観てきました。
土曜の朝に、キョンキョンと香川さんとモックンが対談してる番組を偶然見かけて
40代の彼らの対談を聞いていて、この映画を益々観たくなって観にいきました。
(映画はキョンキョンと香川さんが出てて、モックンはでてないですが。)
映画、良かったです。
家族のそれぞれの年代の背景とか、それぞれの抱えてるものとか秘密とか。
私は感想文が下手なのでどう表現したらよいかわからないけど好きな感じでした。
それに私は映画館だと観に来てるお客さんの反応とかも感じるのが楽しいのです。
今日のお客さんは笑い声も鼻水をすすってる音も割りと恥ずかしくなく隠さない人が
やや多めだったのでそんなお客さんの反応も感じました。
最後、少年がピアノで「月の光」を弾くのも胸が詰まるんですが、その後の
あの家族はどうなるのかなぁと思いつつ、希望も少し見えるようなそんな感じでした。
エンドロールが音楽ではなくて、背景の音なのも印象的でその間、そういうことを
考えてました。
映画までとはなくとも、自分も家族の中では長女をやってて色々思うこともあるし、
小さいけど秘密もあるし(例えばこのブログかいてることとか)。
家族の中での自分の役割とか、そういうものって各家庭でそれぞれあるのでしょう。
映画では、家族がそろってご飯を食べてるシーンが割りと多いのも私は好きでした。
またいつか観てみたいなと思いました。
[PR]



by nossotom | 2008-10-01 22:17 | 映画

東南角部屋二階の女

今日は秋晴れ。
シフトを入れてなかったので出かけたくなり、外へ。
歩くと汗ばむけど、いい気候。
少しずつ秋へ変わっていく様子がわかりました。

* * *

見てみたかった映画「東南角部屋二階の女」を観て来ました。
ユーロスペース2です。
西島さんと加瀬くん。あーなんてカッコいい俳優だぁと思ってみたのですが、
映画の内容も私が好きな感じで、見てよかったと思いました。
塩見三省さんと香川京子さんの大人と出会えるのも素敵だと思いました。
主人公の3人も年齢ではいい大人ではあるけど、なんていうか、塩見三省の話とか
いいなぁと思いました。
女の子の気持ちもわかるし、見てよかったぁと思いました。
相変わらず、映画の感想文が苦手ですが。

* * *

最近、観たい映画がたくさん出てきたなぁ。
秋ですね。
巷で咳きの風邪が流行ってるらしいですが、流行にのってしまい、咳きでてます。
[PR]



by nossotom | 2008-09-24 20:01 | 映画

ぐるりのこと。

今日は月1回の歯科矯正日。
先生が「うん!いい感じ!よく頑張ってますね!」と褒めてくれたので、終わりかなと
思ったけど、やっぱまだ終わりは先らしいです。
と、いうわけで、夕方からまた下の歯全体的に痛いです。

* * *

いつもは歯医者に行った後はネイルへいったりマッサージへ行ってましたが
今日は恵比寿ガーデンシネマへ。水曜だから1000円です。
映画「ぐるりのこと。」、やっと観にいけました。
木村多江さん、やはり素敵な女優さんだと思います。
彼女の演ずる翔子という女性の性格傾向は(とくに最初らへんの方の完璧主義さというか
そういう感じは)、自分に近い物があるし、それゆえの途中からの感じは
なんていうか、痛々しくなるというか、観てると胸が痛みますが、でも最後の方というか
表情の変化とか、いい感じの変化が良かったなぁと思いました。
そして、リリー・フランキーの演ずるカナオ、私が好きだなと思う男性らしさを
持ってる男性です。なんて表現したらいいか、わからないけど、
好きなタイプです。
カナオの法廷画家の仕事を通してみてる90年代の時代背景、バブルから崩壊あたりも
織り交ざってて、カナオと翔子のことだけでなく、その時代の社会も色々と
考えたり、感じたりする映画でした。
橋口監督の前作の「ハッシュ!」もすごく好きだったけど、「ぐるり~」は、また
別の好きな感じで、観にいってよかったです。

* * *

相変わらず、感想文が下手だなぁ、と思う文章ですが、要は良かったということです。
映画では涙が出ていたので、このまま帰るとなんか目が赤いし恥ずかしいなと思ったので
三越のあたりをふらふら歩いて「パラスパレス」で洋服を色々見て回って、
インディゴ染めの綺麗な花柄のスカートを買いました。
[PR]



by nossotom | 2008-08-06 22:06 | 映画

また試写会

昨晩は「痛いほどきみが好きなのに」という映画の試写会へ行きました。
イーサン・ホークの自叙伝的映画ってことで、本人も父親役で出てました。
音楽がジェシー・ハリスが作った曲が多いから、聴きやすい感じだったです。
内容は、恋愛物だったので、過去の自分と重なってしまう部分とか見えてくると、今の私にはとってもしんどい気持ちになるのが正直なところです。頭がクラクラしました。
イーサンを久々にスクリーンで観れたことが嬉しいです。ファンだったんで。
年とったなぁと思いましたが、父親役だしな、と思ってみてました。

クラクラした頭で渋谷駅まで向かう道、昔、ここは友達がピアノの演奏会に招待してくれて、聞き終わった後で、友達のご両親がハンバーグをご馳走してくれた辺りだなぁと思い出しました。お父さんは親父ギャグとか言ってました。そのお父さんは昨年、永眠されたということを友達から聞いて結構哀しくなりました。なんとなく、そのこととハンバーグ食べたことと、友達の演奏中に写メを撮ってたお父さんの様子とか思い出しました。
そして、久々に友達のピアノを聴いてみたくなりました。高校時代のピアノは凄かったし、数年前も凄かったし、きっと今も凄いと思います。

* * *

家に帰るとBSで「酒井家の人々」をやってて、食事しながら観ました。
息子役は「ちりとて」の草々さんの中学生役の男の子だということに気づきました。
[PR]



by nossotom | 2008-05-13 21:04 | 映画

歩いても歩いても

歩いても歩いても」の試写会へ行きました。
映画の後は、是枝監督を招いてのティーチインでした。
映画、良かったです。監督は観てる人を泣かすとか、揺さぶるとか、「家族とは何か」といった抽象的なことを表すとか、そういった狙いではなく、笑って観てもらいたいと言ってました。でも、ポロリと泣けました。(私の場合、涙腺がゆるいのだけど。)樹木希林さん、やっぱすごいなと思います。娘役のYOUもすごいんだと思いました。
音楽はゴンチチの優しい音楽が時折流れていて、家の中の家庭の音が大切にされてるんだなぁと思いました。料理を作る音がとても心地がよいというか、家だなって思いました。たくさん素敵な場面を書きたいとこですが、まだ公開前なのでネタバレはしたくないので、このへんまで。
試写会の後に監督との質疑応答はとても楽しいものだなと思いました。私は質問なんて出来ないけど、他の人が色々な感想や、すごいところを発見して質問していたり、素朴な疑問をぶつけており、それを1つ1つ丁寧に、返してるのがすごいなぁと思いました。
一般人向けの試写会は今日が初めてだったみたいで、作品を見終わった後の観客の顔をじっくり様子見してるようにも思いました。公開は6月だったと思います。オススメです。

* * *

d0112504_2061076.jpg

今日は母の日。
本当は試写会も母と来ようと思ってましたが都合が合わず、土産話とカーネーションを持って帰りました。
[PR]



by nossotom | 2008-05-11 20:06 | 映画

観たいなと思ってたもの

今日は月に一度の歯科矯正の日。
今から非常に痛い予感です。もう、徐々に痛いです。
いつも最初の5日間くらいがガマン時。
痛みのイメージとしては、孫悟空の頭に付けてるやつが歯に付いてる感じに痛いです。
そして、今回は見た目もヤバイというか、人に見せたくない状態でワイヤーが太いです。
もっと若いうちにやっとけば良かったー、と毎回思わされます・・・。

* * *

これから上演される予定の映画で観たいなと思っている物は橋口監督の「ぐるりのこと」と是枝監督の「歩いても歩いても」です。
「ぴあ」で試写会の応募があったので送ってみたら当たりました!
是枝裕和監督の「歩いても歩いても」。
「人生は、いつもちょっとだけ間に合わない」というサブタイトルも何か心惹かれます。

是枝監督の作品で好きなものは「幻の光」と「ワンダフルライフ」です。
「誰も知らない」も観ました。
たぶん、試写会では監督も来て、観客との質疑応答みたいなのもあるようなので楽しみです。最近、じっくり観たいと思う映画がなかったので、今回は本当に試写会が当たって嬉しいなぁと思いました。

* * *

昨日のグールドの研究してる人もグールドちっくで面白かったです。
グールドは「孤独」の人、のように表されることが多いようだけど、私が思うに、ただ自然に一人でいることのほうが楽しいんだと思います。
研究家の分析や視点を見るのも楽しいけど、映像を観てる方が楽しいです。
そんなこんなで、来週も観よう。
[PR]



by nossotom | 2008-05-07 20:34 | 映画

紺碧

風邪は治りかけの様な感じで無理すれば仕事へ行けたけど、なんとなくお休みにしました。
そして、昨日から気になってた「グラン・ブルー グレート・ブルー完全版」を観てました。

本当に久々。6年くらいTVの下の棚に眠っていました。
たぶん、数年前にこの映画の主人公の実在のジャック・マイヨールさんが亡くなられてから、
悲しくて観ることが出来なったのかもしれません。
私が高校の時は、ジャック・マイヨールの半生が書かれた本とか読んだし、当時、
「レオン」とかでリュック・ベッソンの映画も流行みたいな感じでテレビでも番組の特集があったら、必ず観てたし、私の中でそうとう好きだったんだと思います。

やはり、好きな映画だなぁと思います。
それに、ロザンナ・アークエットが愛らしいし、ジャック役の俳優さんは今でも心惹かれる人です。
学生の頃に観てたよりも好きだなぁと思ったし、それゆえ、せつなさも倍増しました。
最後のシーンとか、本当に。

* * *

どんな作品も、数年くらいずつに見直すと、自分の心情に変化があったりして、
昔観てたときと変わる感じ方、変わらない感じ方をする場合があります。
例えば、ばななさんの小説とかも、高校生の頃に感じていた時と変わってしまった気持ちとか
あって、あの頃の感じ方がどんなものだったのか、とても懐かしくなったり、思い出したくなったりすることがあります。
今日もそんな感じで昔を思い出したい気持ちもありました。
思春期・青年期の心情は自分ひとりを例にとってもすごい時期、細かく変化のある時期なんだろうなぁと改めて思いました。
[PR]



by nossotom | 2007-12-17 16:06 | 映画

ザ・シンプソンズ

d0112504_22185684.jpg「ぴあ」の試写会を応募したら、「シンプソンズ」の試写会が当たったので、母と六本木ヒルズの横の映画館へ。ジャパンプレミア試写会ってことで、所ジョージさんと和田アキコさんとロンブーの淳が始めに舞台挨拶をしてました。ベッキーは仕事の都合で来れなかったようです。
「所さんの世田谷ベース」を隔週で観ていて、所さんに会いたいなぁーと思っていたので嬉しい。報道カメラの人たちもいて、写真撮影の時間もあって、お客さんはそれを見てました。映画はアメリカンなブラックジョーク満載です。昔WOWOWでシンプソンズを観ていたのですが所さんの声のホーマーもなかなか良かったです。NHKでやってた「アルフ」を思い出しました。観てた人、いませんか?シンプソンズで私が好きなのは赤ちゃんのマギーです。
[PR]



by nossotom | 2007-11-29 22:18 | 映画

ちょっとした、日々のこと。
by nossotom
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

検索

ブログジャンル

画像一覧